お知らせ

[内閣府・戦略的イノベーション創造プログラム]日本の産学官の英知を結集したエンジン熱効率の飛躍的向上 講演会のお知らせ

「[内閣府・戦略的イノベーション創造プログラム]日本の産学官の英知を結集したエンジン熱効率の飛躍的向上」講演会を開催いたします。

             記

【日時】平成29年4月7日(金)15:00~16:30

【場所】琉球大学 地域創生総合研究棟1階 産学官交流フロア

【参加申込】講演会案内・申込用紙

第3回産学官連携セミナー「世の中の仕組みを変えるナノテクノロジーの世界」のご案内

国立研究開発法人産業技術総合研究所の研究員を招き、新たなシーズの創生を目的として、産学官連携ワークショップを開催いたします。

ご参加は無料です。お気軽にご参加ください。
【日時】平成29年2月23日(木)14:30~17:30

【場所】琉球大学 地域創生総合研究棟1階 産学官交流スペース

申し込みフォームはこちら

ダウンロード
第3回産学官連携セミナー
チラシ・申込用紙。
第3回産学官連携セミナー(チラシ).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 4.2 MB

本格的な産学官共同研究をすすめるための地域フォーラムin沖縄開催のお知らせ

1.概要

 近年、第 4 次産業革命ともいうべき産業構造の変化と競争激化が進み、産業界とアカデミアの 双方において革新的な成果が求められるなか、企業と大学が「組織」として本格的に協働するこ とでシナジーを発揮し、イノベーションの創出に繋がることに注目が集まっています。
 経済産業省と文部科学省は、平成28年11月30日に、両省で設置した「イノベーション促進 産学官対話会議」において「産学官連携による共同研究強化のためのガイドライン(以下、「ガイ ドライン」という。)」を策定し、大学等が産学官連携機能を強化するにあたっての方向性や、「本格的な共同研究」を行う上で産業界の取組が期待される取組等を取りまとめました。
 そこで、より多くの大学と企業の皆様にガイドラインの内容や、政府による支援の取組につい てご理解いただくため、本格的な産学官共同研究をすすめるための地域フォーラムを開催いたし ます。
 ご参加いただいた大学及び企業の皆様の意見交換の場も予定しておりますので、本格的な共同研究をすすめるきっかけとしていただく機会としても、是非ご参加くださいますようお願い申し上げます。
 
【プログラム概要】・「産学官連携による共同研究強化のためのガイドライン」の説明 (経済産業省/文部科学省)
         ・平成 29 年度経済産業省、文部科学省施策紹介 (経済産業省/文部科学省)
         ・産学官連携による共同研究に関する大学
         ・企業の取組事例紹介
         ・沖縄産業界から大学に求めること
         ・交流会 など
 
  詳細はこちら
 

2.日時・会場

  平成29年2月17日(金) 14:00~17:30
  琉球大学 地域創生総合研究棟 1 階会議室(西原町字千原 1 番地)
 

3.お問合せ先

  経済産業省産業技術環境局大学連携推進室 tel:03-3501-0075 mail: tlo-meti@meti.go.jp
 

4.申込先(会場は西原町ですが、開催都市は那覇を選択下さい)

  https://mm-enquete.meti.go.jp/form/fm/enquete05/sangakuforum
 

5.詳細

  文部科学省HP http://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/taiwa/1381007.htm
  経済産業省HP http://www.meti.go.jp/policy/innovation_corp/setsumeikai/forum.html
  沖縄総合事務局HP http://ogb.go.jp/keisan/3353/015631.html
 
 

平成29年度「地域連携推進機構 共用研究室等」使用者募集につきまして

■平成29年度「地域連携推進機構 共用研究室等」使用者募集につきまして
 
地域連携推進機構レンタルオフィス・ラボへの入居者募集を行います。
 
1.募集する共用研究室等の概要
①産学官連携棟:共用研究室等 13室(別紙 産学官連携棟配置図参照)
提供スペース:事務スペースのみ16㎡~66㎡ 11室
1111111:実験室33㎡ 1室(ドラフト・実験台等)
1111111:クリーンルーム10㎡ 1室
施設設備等 :机、椅子、インターネット、電話等は利用者の負担で設置・搬入する。
 
②地域創生総合研究棟:共用研究室等 12室(別紙 地域創生総合研究棟配置図参照)
提供スペース:事務スペースのみ21㎡~41㎡ 8室
1111111:実験室20㎡ 2室(バイオクリーンベンチ・実験台等)
1111111:実験室41㎡ 2室(ドラフトチャンバー・実験室台等)
施設設備等 :机、椅子、インターネット、電話等は利用者の負担で設置・搬入する。
 
2.共用研究室等の使用料
①産学官連携棟 :国立大学法人琉球大学料金規程に基づく月額1,540円/㎡(光熱水料を含む)
②地域創生総合研究棟 :国立大学法人琉球大学料金規程に基づく月額1,590円/㎡(光熱水料別途)
 
3.入居期間
平成29年4月1日~平成30年3月31日
 
4.応募資格
本学の産学官連携活動を実施するため共用研究室等を必要とする次の者。
①本学の教員,非常勤講師及び非常勤研究員
②本学の学部学生,大学院学生及び研究生
③民間機関等の共同研究員
④本学の有する研究成果及び技術,ノウハウを用いたベンチャー企業の構成員
⑤その他本学の産学官連携活動に資するものと機構長が認めた者
 
5.提出書類・提出日
  使用申請書、活動計画書・活動報告書(別紙1)をご提出ください。なお、複数の共用研究室等へ使用申請を行
  う場合には、共用研究室等毎に提出ください。なお、提出書類については地域連携推進機構産学官連携部門事務
  室へ平成29年2月9日(木)12:00必着とする。
 
6.募集期間
平成29年1月20日(金)~平成29年2月9日(木)
 
7.選考方法
①申請内容に対し、地域連携推進機構共用研究室等使用審査委員会が詳細について、プレゼンテーションを必要
と判断した場合には、使用申請代表者へ別途依頼する。
②地域連携推進機構共用研究室等使用審査委員会の議を経て、機構長が許可又は不許可を決定し使用申請代表者
に通知する。
【応募・お問合せ先】
地域連携推進機構産学官連携部門 専任教員 玉城 895-8599、tamaki@ii-okinawa.ne.jp
〃  事務補佐 宮城 895-8597、iicc@to.jim.u-ryukyu.ac.jp
 
 
①平成29年度「地域連携推進機構共用研究室等」使用者募集について
 
②産学官連携棟・地域創生総合研究棟配置図
 
③国立大学法人地域連携推進機共用研究室等使用内規
 
④別紙1使用申請書
 
⑤別紙3使用要項
 

第2回沖縄海洋ロボットコンペティションを開催致しました!

第2回沖縄海洋ロボットコンペティションを開催致しました!
 
第2回沖縄海洋ロボットコンペティション開催状況

平成28年度琉球大学ブランド商品開発支援の採択結果について

平成28年度琉球大学ブランド商品開発支援の採択結果について
 
 平成28年度琉球大学ブランド商品開発支援の採択結果を下記のとおり決定しました。
多数のご応募,誠にありがとうございました。
 
 
平成28年度琉球大学ブランド商品開発支援の採択結果

平成28年度産学官金スタートアップ支援事業の採択結果について

平成28年度産学官金スタートアップ支援事業の採択結果について
 
 平成28年度 産学官金スタートアップ支援事業の採択事業を下記のとおり決定しました。
多数のご応募,誠にありがとうございました。
 
 
平成28年度産学官金スタートアップ支援事業の採択結果
 
 
 
 
 
 

沖縄産学官イノベーションフォーラム2016を開催します!

沖縄産学官イノベーションフォーラム2016を開催します。

 
日時:2016年9月6日(火) 13:30~17:40
会場:ネストホテル那覇(那覇市内)
参加費:無料
申込書:沖縄産学官イノベーションフォーラム2016 チラシ
 

多くの皆さまの参加をお待ちしております。

 

学生ビジネスプランコンテスト・啓発セミナー企画運営業務 再委託公募

平成28年度 次世代アントレプレナー人材育成推進事業

学生ビジネスプランコンテスト・啓発セミナー企画運営業務 再委託公募について

1.趣旨・目的

琉球大学地域連携推進機構(以下「機構」という。)では、沖縄県より委託を受け、「平成28年度次世代アントレプレナー人材育成推進事業(以下「本事業」という。)」実施しています。

本事業では、県内大学・専修学校等(以下「大学等」という。)への専門家派遣による出前講座を実施するほか、大学等の学生によるビジネスプランコンテストの開催、大学等の学生のビジネスアイディア等の実践の場を提供するビジネストライアルプログラムの実施、県内外の起業家等を招聘した啓発セミナーの開催等を実施します。

このため、再委託先として本事業で実施するビジネスプランコンテストの企画・運営ならびに啓発セミナーの企画・運営を行う事業者を公募します。

2.実施内容

1)課題解決に主眼を置くビジネスプランコンテスト(以下、「BPC」)の企画・運営(1回)

2)県内外の起業家等を招聘した啓発セミナーの企画・運営(2回以上)

3.応募対象・応募条件

1)県内に本拠を置く法人格を有する組織であること。

2)ビジネスプランコンテスト、セミナーもしくは類似のイベントの開催実績があること。

3)BPCの運営には大学等の学生を運営メンバーとして組み入れ、連携して実施すること。

4)採択後は、BPCならびに啓発セミナーの企画・運営のほか、琉球大学地域連携推進機構の指示のもと、必要な事務処理を適切に行えること。

5)委託額は3,850千円(税抜)以内とする。

4.応募方法

別添様式の提案書を機構長あて提出してください。なお、提案に参考となる資料があれば添付してください。原則として、提出頂いた資料は返却致しません。BPC・啓発セミナー公募要領_最新版20160704

5.選考等

提出された提案書は、機構にて選考します。審査にあたりプレゼンをお願いすることがあります。

6.募集期間

平成28年7月4日(月)~7月15日(金)

7.提出・問合先

琉球大学地域連携推進機構「学生ビジネスプランコンテスト・啓発セミナー企画運営業務再委託公募事務局」

名幸・田場・玉城

電話:895-8597  E-mail: iicc@to.jim.u-ryukyu.ac.jp

学生ビジネストライアルプログラム・参加校 公募

平成28年度 次世代アントレプレナー人材育成推進事業

学生ビジネストライアルプログラム・参加校 公募要領

1.趣旨・目的

琉球大学地域連携推進機構(以下「機構」という。)では、沖縄県より委託を受け、「平成28年度次世代アントレプレナー人材育成推進事業(以下「本事業」という。)」実施しています。

本事業では、県内大学・専修学校等(以下「大学等」という。)への専門家派遣による出前講座を実施するほか、大学等の学生によるビジネスプランコンテストの開催、大学等の学生のビジネスアイディア等の実践の場を提供するビジネストライアルプログラムの開催、県内外の起業家等を招聘した啓発セミナーの開催等を実施します。

このため、本事業で実施するビジネストライアルプログラムに参加する大学等の教員を公募します。

2.実施内容

1)大学等の学生のビジネスアイディアを基に企業等を連携し商品化から製造・販売までの段階を体験するプログラム(学生ビジネストライアルプログラム、以下「BTP」という。)を企画実施する。

3.応募対象・応募条件

1)県内の大学、学部、ゼミ等でBTPを実施する中核となる教員。

2)BTPの参加者に県内在住の学生を含むこと。

3)採択後は、機構と連携して適切に実施すること。

4)BTP実施に際して商品化等に向けた試作費、マーケティング費等の経費の一部を本機構が支援する。(なお、経費の性質によっては、支援が難しい場合があります。)

5)BTP実施後、機構が開催する合同発表会(平成29年3月開催予定)にて発表すること。

4.応募方法

別添様式の提案書を機構長あて提出してください。なお、提案に参考となる資料があれば添付してください。(添付資料の様式は任意になります。)BTP公募要領_最新版20160704

5.選考等

提出された提案書は、機構にて選考します。

提出された提案書は、原則として返却致しません。

6.募集期間

平成28年7月4日(月)~7月15日(金)

7.提出・問合先

琉球大学地域連携推進機構内「学生ビジネストライアルプログラム事務局」 名幸・田場・玉城

電話:895-8597  E-mail:  iicc@to.jim.u-ryukyu.ac.jp