産学官連携部門長挨拶

琉球大学は、平成28年度以降6年間の中期目標・中期計画において大学が果たす地域貢献への役割をより明確にしています。他方、地方創生は国策としても大きな柱として位置づけられ、沖縄県の産業振興に向けたイノベーション創出がこれまで以上に求められています。琉球大学産学官連携推進機構はこのような認識のもと、①地域ニーズの把握とこれに基づくイノベーション創出のための仕組みづくり、②地域ニーズに対応した人材輩出の拠点と成る事を主な目標として活動します。

沖縄県ではこれまで三次産業すなわち観光産業や通信産業においては県の施策や企業努力により関連産業が集積・活性化しています。一方において、一次・二次産業においては大きな進展はない状況にあります。都市部におけるサービス・情報産業の振興がある一方において加工業や農村部の農業は停滞しているのが現状であります。これは沖縄に限定した問題ではなく、日本全体をとりまく縮図ともいえます。このような、現状を打破し、沖縄全体を活性化するには、沖縄県の産業構造を考慮したイノベーション創出のプラットフォームを琉球大学が提供する必要があります。そのためには、県内大学・研究機関、自治体、公設研究機関や産業界とシーズ・ニーズに関する情報を共有・連携しつつ、必要に応じて地域を越えた広域連携等を通じて、地域課題の解決を徹底する取り組みが求められています。

要諦は“地域課題解決のためにできることはなんでもやる”が琉球大学産学官連携推進機構の基本姿勢です。本ホームページも使い勝手が良いように工夫をこらしながら、みなさまのご要望を汲み上げ、問題解決に繋げることができるよう改善していく計画でございます。“走りながら考える”ですので、行き届かないところがあろうかと思いますが、ご活用いただきながら恊働で「いいもの作り」に貢献できることを祈念いたします。

産学官連携部門長 屋 宏典